葉の上にある薬の瓶

性病には様々な種類が存在しますが、日本人に特に多いとされているのが、クラミジア・淋病(りんびょう)・性器ヘルペス・尖圭(せんけい)コンジローマの4種類です。厚生労働省では、これら4種類の動向調査を行っており、定点把握対象疾患に指定することで全国の約980ある特定の医療機関から感染者数などの情報を収集しています。また、動向調査は行われていないものの、性器カンジダや膣トリコモナスなども比較的日本人に多いとされる性病です。さらに、近年は梅毒の感染が急増しており、厚生労働省は全権把握対象疾患に指定して、全国の医療機関から感染者の報告を受けています。

日本人に非常に多いとされる4つの定点把握対象疾患の中でも、特に多いのがクラミジアです。10代から20代に多く見られる性病で、クラミジアトラコマティスという細菌に感染することで発症します。クラミジアは自覚症状が少ないのが特徴で、男性は50~60%程度、女性は約80%の人が無自覚とも言われています。男性の場合は軽症であることが多く、尿道のむずがゆさや、排尿時の痛みなどが代表的な症状です。女性の場合は、おりものの増加や、生理痛に似た軽い痛み、不正性器出血などの症状が現れます。なお、クラミジアを放置すると、男性は無精子症のリスクが高まり、女性は不妊や流産、早産の原因となるため注意が必要です。

淋病は、細菌の一種である淋菌によって引き起こされる性病で、日本ではクラミジアに次いで多く、特に男性に多いという特徴があります。男性の場合は、排尿時の痛みや濃い黄色の膿が発生するなどの症状が現れることが多いのですが、女性の場合はおりものの量や臭いの変化などの症状はあるものの、基本的に軽症であるため感染に気が付かないケースも珍しくありません。しかし、放置してしまうと不妊の原因になることがあり、感染した女性が妊娠した場合、生まれてきた赤ちゃんが淋菌性結膜炎になることがあります。

性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染することで発症する性病です。男女ともに性器およびその周辺に小さな水ぶくれが発生し、患部にかゆみや痛みを感じます。ヘルペスウイルスに感染してしまうと、治療薬を使用しても完全に死滅させることができないため、性器ヘルペスは再発率が非常に高いという特徴があります。特に、風邪やストレスなどにより免疫力が低下すると再発しやすいため注意が必要です。また、一般的に再発時よりも初めて発症したときの方が重症化しやすく、発熱やリンパ節の腫れなどが生じることがあります。

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスが原因で発症する性病です。他の性病よりも潜伏期間が長いのが特徴で、感染してから数週間から数か月経過してから症状が現れます。症状としては、男女ともに性器や肛門周辺にイボが発生し、次第にカリフラワー状や鶏のトサカ状などと表現されるような状態へと変化していきます。通常は、かゆみや痛みが生じることはなく、発症部位によっては気が付かないこともあるため注意が必要です。

また、近年日本人に急増しており、感染に注意が必要なのが梅毒です。クラミジアなどよりも患者数は少ないものの、厚生労働省によると、全国の梅毒報告数は2000年に759件だったものが、2019年には7001件にまで増加しています。梅毒はトレポネーマパリダムという細菌が原因で発症する性病で、感染後2~3週間で性器に硬いしこりが発生し、その後~12週の間に全身に様々な発疹が現れます。この段階で治療を開始すれば完治しますが、放置すると10~30年程度で心臓や血管、脳などに様々な障害が生じるため、早期治療が非常に重要です。

以上が日本人に多く、特に注意したい性病となります。これらに感染しないためには、正しい知識を身に着けて予防対策を欠かさないことが重要です。また、性病の中にはクラミジアのように自覚症状が少なく、発見が遅れてしまうものが少なくありません。そのため、自覚症状が無い場合でも、感染の恐れがある性行為を行ってしまったら、早めに検査を受けるようにしましょう。

記事一覧
ヘルペスの症状はかゆみだけでは収まらない?発熱・頭痛・腫れまで至る前に対処!

ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス(HSV)が原因で発症する感染症で、発症部位によって口唇ヘルペスと性...

2020年05月13日
カンジダの典型的な症状はおりものの変化とかゆみ!治すにはどうするべき?

カンジダ症は、カンジダ菌という真菌によって引き起こされる病気です。圧倒的に女性の方が発症しやすい病気...

2020年04月05日
ジスロマックを購入する際にかかる費用はどのくらい?保険適用は可能?

ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系の抗菌薬(抗生物質)です。歯周病や副鼻...

2020年01月28日
ジスロマックの効果が出る理由は細菌のたんぱく質合成を邪魔して増殖を抑えるから

ジスロマックは、クラミジアの第一選択薬として使用される抗菌薬(抗生物質)です。クラミジア治療において...

2020年01月10日
膣カンジダのかゆみを抑える薬「エンペシドクリーム」は効果絶大!

膣カンジダ症は、真菌の一種であるカンジダ菌によって引き起こされる病気です。カンジダ菌は、健康な女性の...

2020年03月06日
感染例が多い性病の元の菌「クラミジア」の潜伏期間はどのくらい?

クラミジアは日本で最も多い性病で、クラミジアトラコマティスという細菌に感染することで発症します。オー...

2020年02月16日